こんにちは。

新型コロナウイルス感染症の影響で、今までのことがいくつか変わってしまいました。
その中でも、大きく変わったものの一つが、外国人の入国やビザ、在留に関することです。

既に長く交際していて、お互いの結婚したい気持ちがあるのに、日本に来ることが出来ない。
彼がコロナで本国からの仕送りが途絶えて、日本語学校や専門学校をやめてしまった。
彼が学校を卒業後に仕事が見つからず、「特定活動(帰国困難)」のビザで在留している。

私は、このような本当に困っている方に、少しでも道を繋げようと努力してきました。
本当に彼とあなたの間に愛があり、結婚する強い意思があれば、何とか道は開けるものです。

 

彼が本当に好きで、結婚したいと強く願ったとき、
あなたを支え、今後の不安を少しでも和らげて、
未来に向かう勇気に変えられるような存在として、
あなたの隣にいられたらいいなと思います。

いつか、この状況が変わり、世界を自由に行き来できる時代がやってきます。
その時、あなたは、誰の隣で生きたいですか。
それが、外国人の彼の隣ならば、努力する価値はあると思っています。

 

オリ 香(おり かおり)と申します。

ネパール人の夫と国際結婚をしています。
その経験と、行政書士という資格を活かし、国際結婚の手続きやビザ申請などを、東京出入国在留管理局、申請取次行政書士として行っています。

海外であれ、国内であれ、外国人と恋に落ち、その先に進もうとするとき、日本人と結婚するのとは全く異なる問題が、突如目の前に立ちはだかることになります。

結婚手続、ビザ申請、許可・・・。
私が国際結婚した当時、誰にも具体的に相談できない思いを抱えて、不安で、不安で、1人で必死にもがいていたことを思い出します。

あなたも、今、そうかもしれない。

また、結婚手続きやビザ申請で、さらに困難な道を歩むことがあります。不安で押しつぶされそうな気持ちだけれど、それでも彼の事を諦めきれない・・・。
そんなあなたの隣で、一緒に頑張ろうねと言えるのが、私の仕事だと思っています。あなたの愛が真実なら、そして、真実を証明できるなら、いずれ道は繋がってくると、私は信じています。

 

ご相談・お問い合わせはこちらから

 

 

少しだけ、自己紹介

1972年生まれ。両親ともに日本人です。
(苗字がカタカナなのは、結婚後に夫の姓にしたためです)
法政大学法学部政治学科卒業。一人旅が好きで、海外旅行も好きで、山ガールだったことを除けば・・・普通の女の子でした。

2001年1月、一人旅で、ネパールにトレッキングに行きました。
その時、衝撃的な出会いが!!
それから十数年、国際恋愛から国際結婚へと、突き進んできました。
詳細は次ページ(国際結婚する外国人との出会い)から詳しく記載します。ちょっぴり気恥ずかしいですが(笑)

私の知識や経験が、これから国際恋愛や国際結婚に踏み出す方の、ほんの少しの支えになったり、先を照らす道しるべになったりすればいいなと思います。

国際結婚の手続きとビザの支援室に、ようこそ。

 

ご相談・お問い合わせはこちらから

Copyright© オリ行政書士事務所 , 2022 All Rights Reserved.