国際結婚の結婚手続き

国際結婚と苗字(姓)について

国際結婚したとき、苗字(姓)はどうなりますか?

日本人女性が、外国人男性と結婚したとき、苗字の選択肢は3つあります。
それぞれに手続きが異なりますので、書いておきます。

  1. 旧姓を名乗り、変更しない
  2. 夫の苗字(外国姓のカタカナ)に変更する。
  3. 複合姓を作り、それに変更する。

私は、結婚当初1.の旧姓を名乗っていましたが、結婚して7年後に2.の夫の苗字に変更しました。
どちらも、メリットとデメリットがありますので、参考にしていただければ幸いです。

国際結婚と戸籍、国籍について

1.旧姓を名乗り、変更しない

一番簡単な手段です。
提出書類も必要ありません。
(通常、国際結婚の婚姻手続きは、何もしなければ別姓になります)

夫婦別姓が通常の国や、あまり国際結婚をアピールしない形になるので、使いやすいと思います。
結婚した実感に、多少欠けますが・・・。

2.夫の苗字(外国姓カタカナ)に変更する

結婚時に変更する場合は、外国人との婚姻による氏の変更届(外部リンク)を、婚姻届けと同時、又は婚姻後6カ月以内に提出します。
(この方法で変更すると、離婚したとき簡単に旧姓に戻れます)
夫の苗字は、中国や韓国の場合を除き、カタカナで表記します。

婚姻後、6カ月を過ぎて、それでもなお変更したいときは、家庭裁判所に氏の変更を申し立て(外部リンク)、裁判所の許可を経て変更します。
(家庭裁判所での面接が、1回あります)

こんな手続きを経てまで、どうして苗字を変更したのか?
それには、ネパールでの事情が深くかかわります。
ネパールは、カースト制の国です。
カーストとは、端的に言えば、苗字による身分階級のことです。
カーストを見分けるのは苗字ですし、苗字により結婚も葬式も決まります。
(今は昔より緩和されていますが)

夫は、どうしても、子供に、自分の苗字「オリ」を名乗らせたいと思っていました。
自分の苗字を名乗ることで、子どもがそのカーストに所属することが許されると考えられているからです。

私は、自分の苗字にこだわりがあまりなかったため、それならばと夫の苗字に私と子供が一緒に変更することにしました。
後から生まれた、二人の兄弟も、夫の苗字を名乗ることになります。

通称として、漢字表記「織」も併用して使っていましたが、
(子供の小学校では漢字表記です)
行政書士になったときにびっくりしました!!

行政書士って、通称姓が使えない・・・。
諦めて、カタカナ姓を名乗ることにしています。

3.混合姓を作り、それに変更する

クルム伊達 公子さんとかが、使用しているやり方です。
フランスではクルム姓を使い、日本では伊達姓を名乗る方法です。
(伊達の部分は、フランスではミドルネームになると思います)

この場合は、氏の変更届ではなく、いきなり家庭裁判所で氏の変更を行わなければなりません。
離婚後、戻すときも同様です。

でも、理由があることであれば、家庭裁判所は比較的簡単に許可を出してくれると思いますし、裁判所と言っても、特段怖いことはないので、頑張ればできます。

まとめ

先々のことまで考えて、今の段階で苗字を決めるのは、結構難しいことだと思います。
それよりは、やむをえない、正当な理由があれば変更できるので、家族の状況や気持ちに合わせて、ぴったりくるものを選んでいけばいいと、今は思っています。

子どもたちが大きくなったら、通称で使っている「織」姓を、本当の姓に変更する必要があるのかもしれません。
それは、その時に、家族の合意で、行っていこうと今は考えています。

国際結婚したとき、外国人女性の苗字はどうなりますか?

日本人の男性と、外国人女性が結婚したとき、外国人女性の苗字は変更されません。
(外国人が、日本人の戸籍に入ることがないからです)

どうしても、日本で日本人姓を名乗りたい場合、外国人登録で、通称としての日本人姓(夫の姓)を記入し、その姓を名乗っていくことになります。
こどもは、原則日本人の男性の姓になります。

国際結婚の婚姻届提出時の必要書類は、こちらへ

国際結婚の婚姻届の書き方はこちらへ

-国際結婚の結婚手続き
-,

Copyright© オリ行政書士事務所 , 2020 All Rights Reserved.