結婚と法律

ネパールでは妊娠したら自動的に婚姻成立

前ページの中で、妊娠している女性と結婚できないルールがあると書きましたね。
日本にないがネパール法で結婚できない場合参考)

では、妊娠している女性はどうなるのか、ですが、ネパール法で決まりがあります。

誰か男性と肉体関係の後に女性が妊娠又は出産したことが判明したら、その男女間の関係では自動的に婚姻が成立したとみなす

えっと、ですね。ごく分かりやすく説明すると・・・
婚姻前に男女が付き合って、ですね。
まあ、付き合うからには、それなりのことをして、ですね。
避妊に失敗し、彼女が妊娠したら、二人は自動的に結婚したことになる。

つまり、ネパールではおめでた婚は、めでたくはないが、しなければならない。

ネパールの法律の中で、圧倒的に末恐ろしい法律はこれだと、私は個人的に思っています。
世の中の日本人男性(いや、世界中の男性?)としては、震えあがりそうなルールですね。

日本人女性に、簡単に手を出すネパール人男性はいっぱいいますが(失礼!)ネパール人女性には、ネパール人男性はそう簡単には恋愛関係(=肉体関係)になりません。

「相手の女性が妊娠すれば、絶対に結婚し生涯をかけて面倒を見なければならない。」

そうだと法律で決まっている以上、ネパール人同士の場合は付き合う=婚姻までの覚悟を持つ、ことになります。
また、社会的風習の中に、婚姻前の女性が性的関係を持つことを許容しない文化があり、それは根強くネパール女性の考えにあるような感じがしていて、女性側も簡単には許さないですね。

はっきりと言葉にすると、ネパール人女性は、処女で結婚して当たり前です。婚前経験を持ってはいけません、はい。

「ネパール人と付き合う初日に、交際もしていないのに、結婚して下さいとプロポーズされた!!!」というのは、ネパール人男性と日本人女性の結婚を扱っていると、ままある話です。

これは、日本人として非常にびっくりしますが、日本人女性側にとって、とてもいいことです💖。
そして、本当に結婚に至る場合が多いように感じます。
ネパール人の彼は、初めから相当に本気!結婚する気満々!なことの現れで、真摯に交際をする意思があることですから。

国際結婚の手続きやビザについてはこちら

現在お困りの方等、お問い合わせはこちら

では、強姦などに巻き込まれて妊娠してしまった場合はどうなるのか?
次ページで説明しますね。

-結婚と法律
-, , , , ,

Copyright© オリ行政書士事務所 , 2020 All Rights Reserved.