国際結婚の結婚手続き

国際結婚の婚姻手続き(ネパール編)

外国方式による国際結婚の手続き(ネパール編)

外国方式による国際結婚の手続きについて説明します。
ネパールで婚姻を成立させるためには、日本とは全く異なる手続きが必要です。

ネパール方式による、結婚・入籍の手続き

ネパール方式の結婚・入籍の手続きを紹介します。

まず初めに、ネパール方式による婚姻は、ネパールに婚約者二人が行くことが必要です。
(日本にあるネパール大使館は、婚姻などの身分関係を全く取り扱わないからです)

そして、ネパールに最低でも2週間の滞在が必要です。
なぜなら、結婚が成立した後、結婚証明書の受け取りに、夫婦二人で行かなければならないからです。
2週間も滞在できない方は、いったん帰国して、2週間後以降に再渡航したときに結婚証明書を受け取ることは可能です。

本当に、手間と、時間と、お金と、情熱が必要です。
本当に困ったものですが、この結婚証明書が、日本人配偶者のビザの手続きに、必要となります。

日本人とネパール人の婚姻は、配偶者の住んでいる地域のC.D.O(法務省出先機関)に、婚姻届けを提出します。

日本大使館からは、C.D.Oによって、地方ルールがあるため、必ず一度提出先に連絡を取り、書類を確認してくださいとのことでした。

日本から戸籍謄本を持参し、ネパールに渡航した後、カトマンズの日本大使館で、戸籍謄本から、

  1. 出生証明書
  2. 独身証明書

を作成してもらいます。

日本大使館からは、C.D.Oによって、地方ルールがあるため、必ず一度提出先に連絡を取り、書類を確認してくださいとのことでした。

それらの書類を持参し、出身地のC.D.Oで必ず二人で書類を提出します。

そのあと、2週間(最低でも。法律で規定されているため、短縮は難しいです)の告示及び調査を行った後、正式に婚姻が認められれば、結婚証明書が発行されます。

国際結婚のご相談、お問合せはこちらへ

結婚手続きについての費用はこちらへ

 

-国際結婚の結婚手続き
-, ,

Copyright© オリ行政書士事務所 , 2020 All Rights Reserved.