国際恋愛の方法

国際結婚と貯金、収入の関係

貯金や収入と国際結婚との関係について

国際結婚において、貯金や収入はとても大切です。
外国人本人ではなく、結婚する日本人(=身元保証人)の収入が安定しているか、相手を扶養していく能力があるかを審査されるためです。

国際結婚に向けての準備

彼と、国際結婚しようとお互いに合意して、国際結婚に向けて準備を始めました。
まず最初に行ったのが、引っ越し。
ワンルームの狭いアパートから、かなり古いですが、二部屋ある平屋の貸家へ引っ越しました。
喧嘩して、お互い同じ部屋の端と端にしか行き場所がないのは、少し辛い・・・。
せめて別の部屋に行けるようにしようと思いました。

かなり古い物件で、和式トイレのものだったので、家賃はワンルームとあまり変わらなかったです。

あとは、貯金。
結婚式も、何もする予定がありませんでしたが、結婚後半年は自分の収入と貯蓄で二人分の生活費をまかなっていけるだけの蓄えが必要です。
また、日本人配偶者ビザの申請においても、ある程度の預金残高は必要です。

建付けの悪い、平屋の窓を開けっぱなしにして、陽だまりの中で、畳に寝転がって、ここに彼と一緒に住むんだと、空想している瞬間は、本当に幸せでした。

国際結婚と収入や預貯金との関係

貯金や収入と、国際結婚の関係は、どうなっていますか?

国際結婚において、日本人の貯金や収入は、とても大切です。
きちんとした仕事についているか。(課税・納税含む)
二人で生活する住居は、確保されているか。
収入がない場合等は、貯金金額があるかどうか。

きちんとした仕事についていますか?

国際結婚を成立させるために、日本で彼を扶養(衣食住の確保と、ある程度のお金)できるような、経済的基盤を求められます。
夫婦としたら、どちらが扶養してもいいからです。
(彼が専業主夫となるのも、あり得ます)

どうやったら、自分が彼を扶養できることを、証明できるのか?
それが、仕事(できれば正社員)と貯金です。

彼を日本に呼んだからと言って、直ちに仕事が見つかるとは限りません。
ある程度の期間、無職であることは充分にあり得ます。
その時、仕事を探す間、金銭的余裕がなければ、追い詰められてしまいます。

実際の審査においては、就職先の在職証明書及び住民税の課税証明書及び納税証明書を提出します。
きちんと職業についているという証明と、いくら収入があり、正しく納税しているかどうかは、大切なことです。。

二人で生活する住居を確保できていますか?

国際結婚が成立したら、夫婦は共同生活を送ることになります。
(別居は、よほどの理由がなければ認められません)

共同生活できるだけの広さの、住居が確保できていますか?
(狭いワンルームで、本当に外国人と二人で生活できますか?)

実際に生活していくうえで、部屋の広さはある程度は必要です。
喧嘩した時、せめて別の部屋に行けるようにしなければ、腹の収まりようもない・・・(泣)

収入がない(極端に少ない)場合に、貯金金額はありますか?

何らかの事情で、収入が極端に少ない、または全くない場合、貯金金額を提示します。
ある程度まとまって、生活していけるだけの金額はありますか?

⇒生活保護やその他の公的支援を受けている場合

生活保護や、その他公的支援を受けている場合は、たとえ婚姻が正式に成立したとしても、配偶者ビザの許可を得るのは、非常に難しいです。

また、相手が外国にいる場合は、入国拒否事由に該当してしまいます。

認定証明書の交付が不交付になったときはこちら

彼が目の前にいないうちに、自分の経済的基盤をしっかりさせること。

とても、大切なことです。

国際結婚を成立させる方法はこちら

 

-国際恋愛の方法
-,

Copyright© オリ行政書士事務所 , 2020 All Rights Reserved.