不法滞在と国際結婚について

不法滞在と国際結婚について

 

不法滞在とは何か?

不法滞在は、3つのパターンがあります。

  1. もともと、ある在留資格を持っていたが、「更新」や「変更」をしなくて、
    又は不許可になって、そのまま日本に残り続けている場合
    不法残留(オーバーステイ)

  2. もともと、正規のパスポートやビザを持っていなくて、日本に入った場合
    不法入国、不法上陸

  3. 入国時に難民申請をして、退去強制令書が下っている場合
    不法残留(難民部門)

 

不法残留(オーバーステイ)の場合

見分けるポイントは、「在留カード」を持っているか?です。
彼の在留カードの期間が既に切れていて、新しい在留カードを持っていない場合、不法残留になっている可能性があります。

外国人在留カードの在留資格の見方

下から四番目、在留期間(満了日)が、在留期限です。
(この場合は、2018年10月20日です)

 

穴の開いていない在留カードで、かつ、在留期限より3カ月以上過ぎている場合、疑った方がいいかもしれません。
(期限より2カ月以内ならば、審査中の可能性があります。その場合は在留カードの裏面に、「在留資格更新許可申請中」との印があります)

外国人が滞在資格があるかどうかの見分け方

 

本当に、うっかり忘れて数日が経過した場合

やむを得ない理由があるなら、その証明書を添えて、入管にとにかく駆け込んでください。
「特別受理」(本当はダメなんだけど、特別に受理してもらえる)の制度が使える場合があります。(必ずではありません)

 

既に一カ月以上(数年単位の場合もあります)経過している場合

残念ですが、不法残留・・・ですね。
結婚するかしないかを含め、非常に厳しい決断を迫られることは確かです。
そして、これは、どうしても言わなければいけない。
結婚したからと言って、必ず一緒に暮らせるとは限りません。

数年単位で別居を強いられたり、申請の不許可を繰り返したり、ということは、
充分に想定しておいてください。(想定外、では困ります)
入管は、法務省である以上、「法律を遵守すること」を当然のように要求してきます。
彼は、既に、その原則を破っている。

それでも、「在留を特別に認める理由」を入管に願出て、人道的配慮を認めてくれるのを粘り強く待つしかない。

貴方に、その覚悟と、お金(保証金等)と、彼にかける時間と、そして、何があっても引き裂かれない強い愛情はありますか?
それがあるならば、次に進んでもいいでしょう。

そうでなければ、非常に厳しい言い方で申し訳ないですが、この恋を諦めることです。
これから先の道は、そんなに簡単なことではないですから。

どのような方法がありますか?