永住ビザの申請に向けて、考えてほしいこと

永住許可申請に向けて、考えてほしいこと

永住許可申請のその前に、考えてほしいことがあります。
外国人本人は永住許可が欲しいでしょう。
でも、本当に与えてしまって大丈夫ですか?

 

永住許可の申請ができるためには

  • 在留資格更新許可申請が無事に終わり、
  • 在留期間3年又は5年の許可が出ていること、
  • また、結婚して最低3年、日本で同居して1年を経過していること

で永住許可申請が可能です。

そうなんですけど、その前に、聞きたい。
本当に、彼の在留資格を永住にして、大丈夫ですか??

 

永住になることの、メリット

日本人の配偶者等から、永住になると、これからビザの心配がなく日本にいることが、(基本的に)できます。
もちろん、重大な犯罪を犯した後でさえ、日本にいられるということではありませんが。
(永住でも、罪を犯せば在留資格の取り消しや退去強制の対象になります)

あと、大きいのが、銀行の信用があがるため、外国人名義で住宅ローンを組めようになります。

 

永住になることの、デメリット

外国人にとって、永住になることはメリット以外の何物でもありませんが、日本人配偶者側から見ると、少し別の視点があると思っています。

永住の在留資格は、その先の更新手続等がありません。
つまり、審査されることがこれから先にない・・・ということです。

それをいいことに、日本人の配偶者等の在留資格だったからこそ短期間で永住申請ができ、永住許可が出ているのに、
永住許可をもらったとたんに離婚し、あっさりと本国から奥さんを呼び、悠々と日本で生きる
・・・ことを目的にする人が、いることは事実です。

これをされたときの、日本人配偶者の苦しみは、計り知れないものがあります。
自分との結婚が、結婚として成熟するこの段階において、ビザ目的だったことが判明するからです。
夫婦仲が良くなくて、とにかく永住をくれという場合は、拒否った方がいいです。

 

永住申請する前に

ということで、私は、永住申請する前に、出来れば跛行婚の状態を解消するよう伝えます。
日本での結婚は成立していますが、何らかの事情で本国で結婚が成立していない・・・という方も多いと思います。
その状態を跛行婚(はこうこん)と呼びます。

永住申請をする前に、そこをクリアーにした方がいい。
そうすれば、簡単には離婚できなくなります。
(日本では簡単に離婚できても、本国での離婚が難しいことが多いです)

やはり、永住になるからには、ずっと一緒に生きていってほしい。
これから先、なにも審査されない自由を手に入れるからこそ、

そう思います。

 

結婚ビザの更新についてはこちら

結婚ビザの更新は、在留期限の2か月前から申請できます。申請の方法と必要書類を説明します。

国際結婚と永住ビザの申請についてはこちら

日本人配偶者等のビザから、永住ビザの申請を行うときの必要書類や、注意事項等を説明します。