就労ビザから結婚ビザへの変更

就労ビザから結婚ビザに変更する場合

就労ビザから、結婚ビザに変更する場合の注意点を説明します。

「就労ビザ」とは、(原則として)日本の会社と雇用契約を結び、日本の会社で働くためのビザのことです。
既に会社員又は従業員である場合、このビザに該当することが多いです。
(アルバイトではなく、正社員又は契約社員、派遣社員ですね)

主な在留資格としては、

「高度専門職」

「技術・人文知識・国際業務」

「企業内転勤」

「技能」

等があります。

(正社員でも、他のビザになっている場合がありますので、必ず在留カードで在留資格の欄を確認してくださいね)

高度専門職の場合

大学の教授など、学歴が世界的に高く、評価されている方の場合、「高度専門職」の在留資格があります。

このビザから、日本人配偶者のビザに変更するかどうかは、悩むところです。

高度専門職には、収入によりますが、

  • 出産時や子育て期に本国の親に来てもらう
  • 家事使用人を本国から呼べる

等の特権があります。

日本人の配偶者等に変更すると、逆に使えなくなってしまいます。

この辺は、ご相談ください。

技術・人文知識・国際業務の場合

いわゆるワーキングビザの代表格です。
在留資格は「技術・人文知識・国際業務」です。

本国又は日本の大学並びに日本の専門学校を卒業し、少しは専門性を生かした職業についていることが必要です。

このビザは、仕事内容に制限があります。(単純労働禁止等)
もし、結婚後どのような仕事にもつけるようにしたい等の気持ちがあれば、早めに日本人の配偶者等に変更しておくのもいいと思います。

また、日本人の配偶者等では、変更後、永住の申請が最短で3年~4年で可能です。
その他の就労系のビザの場合、日本在住10年が必要です。

技能の場合

各国料理のレストランのコック、ソムリエ、スポーツ指導者、その他もろもろの在留資格は、「技能」です。

インドネパールレストランの従業員は、大部分が技能です。
10年間、本国のレストランで働き、一流の??シェフとなって日本でかっこよくインドカレーを作っている・・・・かな。(多少あやしい)

このビザも、仕事内容に制限があり、技能のビザのコックさんは、ほかのレストランへの転職は出来ますが、コック以外の仕事に就くことはできません。

結婚後、コックを続けるのではなく、ほかの仕事に就きたい場合は、

技能→日本人配偶者等へ、

ビザの変更を必ずしてください。

経営・管理の場合

会社を経営している、自分のレストランを持っている等の場合は、「経営・管理」という在留資格を持っています。

経営状態が良く、更新等がスムーズな場合はそのままでもいいですが、経営状態が不安定だったり、債務超過する場合には、更新が不許可になる可能性もあります。

早めに日本人配偶者等に変更するのがいいでしょう。

また、会社を設立し、経営管理のビザになりたい場合は、外国人の場合、資本金500万円の会社を設立する必要があります。
日本人の配偶者等ならば、資本金の制限がなくなりますので、婚姻し日本人配偶者等にビザを変更してから会社設立を行うのも一案です。

留学・技能実習から変更する場合は、こちらへ

特定活動(難民申請中)から配偶者ビザへ変更する場合は、こちらへ

 

国際結婚のご相談、お問合せは、こちらへ