不法滞在と国際結婚

不法残留で出入国在留管理局に出頭する場合

不法残留(オーバーステイ)と出国命令、在留特別許可について

※不法残留(オーバーステイ)時の対応について説明します。不法入国、不法上陸では出国命令ができませんので、ご注意ください。
→不法入国、不法上陸についてはこちら

彼が不法残留(オーバーステイ)だと分かったとき、あなたと彼がどうすればいいか説明します。

  1. まだ、警察や入管職員等に見つかっていない場合
    →自ら入管に出頭し、出国命令又は在留特別許可(在宅案件)をお願いする
  2. 既に見つかってしまって、収容されている場合
    →在留特別許可、または、帰国後の上陸特別許可

 

まだ、警察や入管職員等に見つかっていない場合

たぶん、彼は自分が捕まることを怯えながら、生活していることと思います。

まずは婚姻を成立させてください。(結婚の手続きについてはこちら)
絶対に偽装婚ではダメです。必ず同居すること。
何度も繰り返しますが、愛のある相手でないと(国際結婚の場合は特に)
同居をするのは苦痛が伴います。

なお婚姻届を提出した市役所が、不法滞在を通報することはほとんどありません。
「婚姻手続きが終わったら、入管に出頭してくださいね」と市役所の人に促されることはありますが、不法残留でも結婚すること自体は合法です。
そこは、安心して大丈夫です。

結婚が成立した後、選択肢は二つあります。

  1. 自ら出入国在留管理局に行き、出国命令によりいったん帰国し、
    1年後に在留資格認定証明書交付申請を行う。
  2. 自ら出入国在留管理局に行き、在留特別許可を願い出る。

出入国在留管理局

入管に出頭し、出国命令によって帰国する

出国命令での出国が出来る場合は、以下の5つ全てに該当している場合です。

  1. 出頭した + 速やかに出国する意思がある
    (出頭とは、自らが入管に出向いて、不法滞在者ですと申告することです)
  2. 不法残留以外の退去強制理由がない(不法入国、不法上陸者はできません)
  3. 重い罪に罰せられたことがない
  4. 初犯(1回目)である
  5. 速やかな出国が確実である

この場合、出頭した後で入管に収容されることはありません。

 

出国命令で出頭後の流れについて(東京出入国在留管理局の場合)

  1. 出頭日に「出国命令で帰国します」と審査官に伝える。
    (数時間の聴取がありますので、出頭日は出来るだけ早めに行った方がいいです)
  2. 次回出頭日を指定される
  3. 指定された出頭日に入管に行き、違反調査を行う(複数回のこともあります)
  4. 違反調査が完了したら、審査官から「〇日~〇日の飛行機のチケットを購入し、持ってくるよう」伝えられる
  5. 最後の出頭日にチケットを見せて、そのあと、そのフライトで日本から出国する

出国命令でさっさと本国に帰りたいからと、勝手にチケットを買ってきて、入管職員から「まだ、(違反)調査が終わってないでしょ!!自分の都合では帰れないからね!!」と怒られている外国人がいたりします。まあ、見ていると様々です。

 

本国帰国と、その後の申請について

出国命令での帰国後、(日本への)上陸拒否期間は1年間です。つまり、1年間日本に(どのビザでも、ビザがなくても)入ることは出来ません。

しかし、通常の不法残留の上陸拒否期間が5年(複数回で10年)であることを考えると、この1年という上陸拒否期間は、非常に短いことが分かります。

帰国時より1年後以降に、在留資格認定証明書交付申請を行い、許可が出れば入国できます。(ただし、通常より難易度が上がりますので、丁寧な申請が必要です)

 

入管に出頭し、その上で在留特別許可を願い出る

婚姻が成立後に自ら出入国在留管理局に行き、不法残留(オーバーステイ)であることを伝えた上で、日本に滞在したまま、在留特別許可を願い出る方法です。

身分関係のある人が日本にいることを前提とするので「日本人の配偶者や実子」「永住者の配偶者や実子」などが行うことができます。(結婚が必要なのは、そのためです)

また、在宅案件になれば、収容されずに一緒に暮らすことが可能です。
(収容されてしまった場合は、仮放免許可を申請します)

とにかく、審査結果がでるまでに半年から数年かかること、在留特別許可が認められない場合には退去強制令書が発布され、収容や強制送還になることなどを考えると、非常に厳しい手段です。それでも、これしか夫婦として日本に一緒にいられないからと、あえてこの手段を取る方も、結構います。

「自主出頭」(自分で入管に行き、オーバーステイしていることを伝えること)は、この在留特別許可の許可、不許可を左右する、非常に重要なポイントの一つです。圧倒的に、自主出頭した方が結果はいいです。
彼のことを好きならば、将来もずっと一緒にいたいならば、今辛い選択肢を選ぶことを、躊躇わないでほしいと、強く思います。

 

この辺りは、個別にお伺いしますので、ご連絡ください。

入管に出頭する際に、同行することも可能です。

 

既に警察や入管に見つかって、収容されてしまった場合はこちら

ご相談、お問い合わせは、こちら

-不法滞在と国際結婚

Copyright© オリ行政書士事務所 , 2022 All Rights Reserved.