国際結婚のビザ申請手続き

不法滞在で入国管理局に出頭する場合

オーバーステイ(不法残留)と出国命令、在留特別許可について

この場合、考えなければならないことは、二つあります。

  1. まだ、警察や入管職員等に見つかっていない場合
  2. 既に見つかってしまって、収容されている場合

 

まだ、警察や入管職員等に見つかっていない場合

たぶん、彼は自分が捕まることを怯えながら、生活していることと思います。

まずは婚姻を成立させてください。
絶対に偽装婚ではダメです。必ず同居すること。
何度も繰り返しますが、愛のある相手でないと(国際結婚の場合は特に)
同居をするのは苦痛が伴います。

なお婚姻届を提出した市役所が、不法滞在を通報することはほとんどありません。
そこは、安心して大丈夫です。

結婚が成立した後、選択肢は二つあります。

  1. 自ら入国管理局に行き、出国命令によりいったん帰国し、
    1年後に在留資格認定証明書交付申請を行う。
  2. 自ら入国管理局に行き、在留特別許可を願い出る。

出国命令とは何か?

出国命令での出国が出来る場合は、以下の5つ全てに該当している場合です。

  1. 出頭した + 速やかに出国する意思がある
    (出頭とは、自らが入管に出向いて、不法滞在者ですと申告することです)
  2. 不法残留以外の退去強制理由がない(不法入国、不法上陸者はできません)
  3. 重い罪に罰せられたことがない
  4. 初犯(1回目)である
  5. 速やかな出国が確実である

この場合、入管に収容されることはありません。
定められた期間内に帰国し、本国で待機することになります。
入国禁止期間は1年ですので、1年間遠距離結婚生活をした後で、
(きちんと交流をし、出来れば本国まで追いかけていってくださいね)
在留資格認定証明書交付申請を行います。
(数次の申請になる可能性もあります)

婚姻の信ぴょう性を非常に問われますので、かなり細かく作りこんだ申請を行います。
(不許可になり、再申請を繰り返すこともあります)

入管に出頭し、その上で在留特別許可を願い出る

自ら入国管理局に行き、オーバーステイであることを伝えた上で、帰国せずに、日本に滞在したまま、在留特別許可を願い出る方法です。
在宅案件になれば、収容されずに日本滞在が可能です。

外国人本人は、入管への出頭を非常に嫌がる場合が多くあります。
しかし、後で書きますが、警察等に捕まってから手続きを行うのと、この段階で入管に自らの意思で行くのとでは、
その後の手続きにおいて雲泥の違いがあります。

彼のことを好きならば、将来もずっと一緒にいたいならば、今辛い選択肢を選ぶことを、躊躇わないでほしいと、強く思います。

この辺りは、個別にお伺いしますので、ご連絡ください。

入管に出頭する際に、同行することも可能です。

 

ご相談、お問い合わせは、こちら

-国際結婚のビザ申請手続き

Copyright© オリ行政書士事務所 , 2020 All Rights Reserved.