国際結婚の結婚手続き

国際結婚の婚姻届の書き方

国際結婚の婚姻届の書き方について

国際結婚の婚姻届けの書き方について説明します。
日本の書き方と異なる箇所がありますので、注意しましょう。

婚姻届の書き方で、気を付けることはありますか?

  1. 氏名・・・外国人は漢字(中国や韓国など)またはカタカナで記入します
  2. 生年月日・・・外国人は西暦で記入します
  3. 住所・・・日本で住民登録する場所か、本国の住所のどちらかです
  4. 本籍・・・国名を記入します
  5. 父母の氏名・続き柄・・・カタカナで記入します
  6. 新しい夫婦の姓・・・チェックを付けません。原則、国際結婚では姓は変わりません。
  7. 新戸籍・・・新しく戸籍を作る住所を記載します。
  8. 同居を始めたとき・・年月を記入します
  9. 初婚・再婚の別・・・?及び年月日を記入します
  10. 届出人署名・・・パスポートと同じ氏名を記載します。外国人は押印不要です

参考に、神戸市の国際結婚するときの婚姻届けの書き方を載せておきます。

国際結婚における婚姻届けの書き方

婚姻届け記載について、気を付けることは何ですか?

外国人氏名は、原則カタカナで行う
入管に提出するビザの書類は、原則ローマ字記載ですが、
市役所はカタカナです。(漢字圏を除く)
戸籍にもカタカナ記載されますので、注意してくださいね。

署名欄の記載は、必ず本人に
その他の事項については、代筆が可能です。

婚姻届けの証人欄で、気を付けることはなんですか?

結婚届には、必ず二人の証人が必要です。
証人は日本人でも、外国人でも構いませんが、20歳以上で、かつ日本に住民票がある人です。
(在留カードに住所の記載があれば、住民票があります)

  1. 署名欄は、必ず本人が行う。日本人ならば、印鑑が必要
  2. 住所は、住民票のある場所を記入する
  3. 本籍は、日本人ならば本籍地、外国人ならば国籍を記入する

婚姻届けの証人は、日本人配偶者等のビザに変更するときに、どのような関係か書くことがあります。
なるべくお二人に近い間柄で、結婚を後押ししてくれる方を
記入しましょう。

婚姻届けは、書きあがりましたか?

国際結婚と苗字は、こちらへ

国際結婚の婚姻届提出時の必要書類は、こちらへ

-国際結婚の結婚手続き
-

Copyright© オリ行政書士事務所 , 2020 All Rights Reserved.