国際結婚と外国人の彼の国の動乱(ネパール)

国際恋愛結婚の困難な道のり

外国人の彼の国の動乱(テロなど)

外国人の彼の国で、クーデターやテロ等があったときは、どうすればいいか、日本からできること、できないことを説明します。
実際に私が遭遇した事件(ネパール王族殺害事件)の時のことです。

実際に私が遭遇した事件(ネパール王族殺害事件)の時のこと

2001年6月、彼の国に再訪問をする2日前、ネパールで事件が起きました。

ネパール王族殺害事件です。
(興味のある方は、下段に詳細を書いておきます)

穏やかだったネパールが、にわかにきな臭くなり、これから国がどうなるのか、誰も予測が出来ませんでした。
泣く泣く、旅行を取りやめ、彼に会いに行く手段がなくなりました。

彼は、ネパール人特有の諦めの良さ(?)で、私が来れなくなった事情は理解できるし、それはどうしようもないと思っているようでした。

この事件以降、ネパールがもとの穏やかな国に戻ることはなく、内戦の時代に突入していくことになります。

そうして、11か月が経ちました。
まだ、彼とのメールを続けていて、彼との思いを断ち切れない私に、友人がぼそっと言いました。

「あなたがネパールに行けないのなら、彼が日本に来て会えばいいんじゃないの?」

・・・・晴天の霹靂、でした。

そうか、その方法なら会うことができる!!
苦しさの先に、わずかな光を見つけた感じでした。
早速、ネパール人が日本に来る方法を、調べ始めました。

国の動乱(クーデターとかテロとか)があったとき、した方がいいこと

    • 動かない。
    • 行かない。
    • 心配しすぎない。

動乱時には、外国人ができることはありません。
安全な国で、安全を確保するのが一番です。

 

ネパール王族殺害事件について

ここからは、専門的なことなので、ネパールに興味のある人だけで大丈夫です。
分かりやすく書いてありますので、正確さには自信がない・・・。

1990年、ビレンドラ国王は、それまでの専制君主制(国王が政治の実権を握る)から、立憲君主制に移行し、憲法を制定し、議会制度を導入しました。
(ビレンドラ国王は、若いころ、東京大学に留学し、明治維新を勉強したそうです。穏やかに、民主化へ移行ができるよう尽力し、国民も絶対的に信頼していました)

それを面白く思わなかったのが、国王の弟、ギャネンドラとその息子。
立憲君主制に移行したことにより、自らの権力範囲が狭められ、権力を持てなくなっていたからです。

2001年6月1日、ビレンドラ国王は、王族一族を集めて夕食会をしていました。
テーマは国王の長男(皇太子)の結婚について。
母親(王妃)は長男が連れてきたお嫁さん候補に反対し、もめていました。

公式発表によると、この後、怒って酒に酔い酩酊した長男が、銃を乱射し、父(国王)母(王妃)兄弟2名、叔母2名、あと親戚3名が死亡、長男本人も、銃で自殺を図った。

これが、ネパール王族殺害事件です。

長男本人も、3日後に死亡。
国王の弟、ギャネンドラが次期国王に就任することになります。

ここで、疑惑が生じました。

  • 本当に、長男が銃を乱射したのか?
  • 酩酊状態で果たしてそんなに殺害できるのか?
  • 長男は右利きなのに、自殺した際の銃根の向きが違うのではないか?
  • 親戚一同が亡くなっているのに、なぜギャネンドラ一家のみが誰も無傷なのか?
  • なぜ、これだけの事件なのに、医師による検死も行われず葬儀が性急に行われてしまったのか?
  • ・・・国王の弟、ギャネンドラが引き起こした、クーデターではないのか?

ギャネンドラ国王即位後、民衆が首都カトマンズに集結し、即位の反対集会が開かれ、警察隊と衝突して死者が出ました。

ギャネンドラ国王は、即位して約半年後(11月)、非常事態宣言を発令し、自分のいうことを聞かない議会を停止し、それまで移行してきた民主化を潰していきます。

2002年から2006年、政治の混乱に乗じて、マオイスト(反政府ゲリラ組織)による内戦が激化。

2006年4月、大規模な民主化運動が勃発し、ギャネンドラ国王の特権が全てはく奪されます。

2008年、制憲議会選挙ののち、ネパールを共和制にすることが議決され、ギャネンドラ国王は退位。

ネパールは240年続いたネパール王国から、ネパール連邦民主共和国になりました。

2008年に制憲議会選挙があってから、実際に憲法が施行されたのが、7年後の2015年。

2018年現在、新憲法のもとで第一回目の選挙が行われ、オリ総理大臣(同姓なのです)が就任し、新たな民主主義国家として歩き始めました。