国際恋愛の方法

国際結婚と外国人の彼の国の動乱(ネパール)

現在、新型コロナウイルス感染症の影響で、外国と日本に引き裂かれ、直接に会うことができないと悩む国際恋愛カップルを散見するようになりました。
この状況は動乱やクーデターではありませんが、1年を超えて恋人同士が会えない辛さや寂しさは、当時私が感じた気持ちとさほど変わらないと思っています。

 

外国人の彼の国の動乱(テロなど)

外国人の彼の国で、クーデターやテロ等があったときは、どうすればいいか、日本からできること、できないことを説明します。
実際に私が遭遇した事件(ネパール王族殺害事件)の時のことです。

実際に私が遭遇した事件(ネパール王族殺害事件)の時のこと

2001年6月、彼の国に再訪問をする2日前、ネパールで事件が起きました。

ネパール王族殺害事件です。
(興味のある方は、下段に詳細を書いておきます)

穏やかだったネパールが、にわかにきな臭くなり、これから国がどうなるのか、誰も予測が出来ませんでした。
泣く泣く、旅行を取りやめ、彼に会いに行く手段がなくなりました。

彼は、ネパール人特有の諦めの良さ(?)で、私が来れなくなった事情は理解できるし、それはどうしようもないと思っているようでした。

この事件以降、ネパールがもとの穏やかな国に戻ることはなく、内戦の時代に突入していくことになります。

国際恋愛結婚の困難な道のり

そうして、11か月が経ちました。
まだ、彼とのメールを続けていて、彼との思いを断ち切れない私に、友人がぼそっと言いました。

「あなたがネパールに行けないのなら、彼が日本に来て会えばいいんじゃないの?」

・・・・晴天の霹靂、でした。

そうか、その方法なら会うことができる!!
苦しさの先に、わずかな光を見つけた感じでした。
早速、ネパール人が日本に来る方法を、調べ始めました。

国の動乱(クーデターとかテロとか)があったとき、した方がいいこと

    • 動かない。
    • 行かない。
    • 心配しすぎない。

動乱時には、外国人ができることはありません。
安全な国で、安全を確保するのが一番です。

 

それでも今、あなたにできること

彼と会えない状況が続いていたとしても、それでもやっておいて欲しいことがあります。

  • 電話やFacetimeでの直接の会話だけでなく、文字や画像でやり取りをする
    無料のLINE電話やFacetimeなどを使い、彼とコミュニケーションを取っている方も多いと思いますが、それだけでは証拠として残らないです。
    大切なやり取りについては、文字や画像情報で残すことが大切です。
  • SNSなどでやり取りをした記録をきちんと残しておく
    SNSは設定により、過去のデータが表示できなくなることがあります。これは非常に困るので、スクリーンショットなどの画像データにして、各自保存して下さい。その時に、何年何月何日のやり取りなのかが分かる形でお願いします。
    なお、SNSでのコミュニケーションの仕方は、そのカップルにより全く違います。交際の実態を把握し、コミュニケーションの頻度や深さを立証するのに非常にいい資料として、入管はかなり重要視するようになっています。

離れていてもお互いを支えていく日々の努力や想いが、いつか実を結ぶようになるといいですね。

 

ネパール王族殺害事件について

ここからは、専門的なことなので、ネパールに興味のある人だけで大丈夫です。
分かりやすく書いてありますので、正確さには自信がない・・・。

1990年、ビレンドラ国王は、それまでの専制君主制(国王が政治の実権を握る)から、立憲君主制に移行し、憲法を制定し、議会制度を導入しました。
(ビレンドラ国王は、若いころ、東京大学に留学し、明治維新を勉強したそうです。穏やかに、民主化へ移行ができるよう尽力し、国民も絶対的に信頼していました)

それを面白く思わなかったのが、国王の弟、ギャネンドラとその息子。
立憲君主制に移行したことにより、自らの権力範囲が狭められ、権力を持てなくなっていたからです。

2001年6月1日、ビレンドラ国王は、王族一族を集めて夕食会をしていました。
テーマは国王の長男(皇太子)の結婚について。
母親(王妃)は長男が連れてきたお嫁さん候補に反対し、もめていました。

公式発表によると、この後、怒って酒に酔い酩酊した長男が、銃を乱射し、父(国王)母(王妃)兄弟2名、叔母2名、あと親戚3名が死亡、長男本人も、銃で自殺を図った。

これが、ネパール王族殺害事件です。

長男本人も、3日後に死亡。
国王の弟、ギャネンドラが次期国王に就任することになります。

ここで、疑惑が生じました。

  • 本当に、長男が銃を乱射したのか?
  • 酩酊状態で果たしてそんなに殺害できるのか?
  • 長男は右利きなのに、自殺した際の銃根の向きが違うのではないか?
  • 親戚一同が亡くなっているのに、なぜギャネンドラ一家のみが誰も無傷なのか?
  • なぜ、これだけの事件なのに、医師による検死も行われず葬儀が性急に行われてしまったのか?
  • ・・・国王の弟、ギャネンドラが引き起こした、クーデターではないのか?

ギャネンドラ国王即位後、民衆が首都カトマンズに集結し、即位の反対集会が開かれ、警察隊と衝突して死者が出ました。

ギャネンドラ国王は、即位して約半年後(11月)、非常事態宣言を発令し、自分のいうことを聞かない議会を停止し、それまで移行してきた民主化を潰していきます。

2002年から2006年、政治の混乱に乗じて、マオイスト(反政府ゲリラ組織)による内戦が激化。

2006年4月、大規模な民主化運動が勃発し、ギャネンドラ国王の特権が全てはく奪されます。

2008年、制憲議会選挙ののち、ネパールを共和制にすることが議決され、ギャネンドラ国王は退位。

ネパールは240年続いたネパール王国から、ネパール連邦民主共和国になりました。

2008年に制憲議会選挙があってから、実際に憲法が施行されたのが、7年後の2015年。

2018年現在、新憲法のもとで第一回目の選挙が行われ、オリ総理大臣(同姓なのです)が就任し、新たな民主主義国家として歩き始めました。

 

※現在、新型コロナウイルス感染症の影響で、彼が「短期滞在ビザ」等で来日することができません。このようなケースを救うために、本人がネパールにいる状態で、日本で婚姻手続きを成立させることが可能になりました。
日本とネパールで恋人同士が離れ離れになっていて、かつ、交際の実績を確実に立証できる場合は受任します。(詳細はお問い合わせください)

今現在、もう、結婚するしか外国人が日本に来て会う方法はありません。結婚か、別れるかという非常に厳しい選択をすることになります。国際恋愛をしている二人にとっては、辛い状況になってしまいましたね。
お困りの方は、ご連絡ください。

 

-国際恋愛の方法
-

Copyright© オリ行政書士事務所 , 2021 All Rights Reserved.