短期滞在ビザの申請手続き

短期滞在ビザ申請手続きについて

短期滞在ビザは、どのように申請手続きを行いますか?

外国人が日本に観光や親族訪問で来日するとき、ビザ免除国以外の国籍の場合は、短期滞在ビザの申請が必要です。
どのような手順で手続きを行うか、説明します。

ビザ免除国かどうか、調べる必要があります。
日本訪問の方法(ビザ免除国とそれ以外)についてはこちらへ

ビザ免除国ならば、短期滞在ビザが必要ありません。
外国人が日本にやってきた!はこちらへ。

ビザ免除国以外でしたら、このまま読み進めてください。

短期滞在ビザの種類

短期滞在ビザは、滞在日数によって、3つに分かれます。

  1. :15日間
  2. :30日間
  3. :90日間

短期滞在の目的にもよりますが、結婚手続きだけをする場合は、30日位あれば大丈夫です。

結婚手続きのあと、日本人配偶者ビザの取得や変更をする場合は、最長の90日の短期滞在ビザを取得してください。

30日では、ビザの取得や変更までは終わらず、ビザの有効期間内に、必ず帰ってもらうようになります。
(在留資格認定証明書の申請自体は可能です)

短期滞在ビザは、どのような手続きで取得できますか?

ビザ免除国ではない国籍の方は、現地の日本大使館に、短期滞在ビザの申請が必要です。

以下の手順で行います。

  1. 彼のパスポートを確認し、コピーを入手する。
  2. 日本側で必要書類を作成し、相手国に送る。
  3. 相手国側で必要書類を作成する。
  4. 外国人本人が、現地の日本大使館または領事館に、提出書類(日本側、相手国側両方の)を持って申請を行う。

1.彼のパスポートを確認し、コピーを入手する。

まずは、彼がパスポートを持っているか確認しましょう。
パスポートを持っていなければ、取得してもらいます。
(これは、その国のやり方があるはずです)

パスポートの有効期限が切れていないか、ICチップ入りの最新型パスポートが必要かどうかも確認します。

パスポートが取得出来たら、パスポートのコピーを送ってもらいましょう。
日本側で作成する書類と、氏名等の表記を一致させるためです。

そのパスポート、彼のもので合ってますか?
確認が出来たら、日本側で必要書類を作成します。

短期滞在ビザの必要書類については、こちらへ